新ファンド「STRIVE」を設立、150億円を運用しアーリーステージのスタートアップを支援

Company

東京及びシンガポールに拠点をおくベンチャーキャピタルファンドを運用する天野雄介、堤達生及びグリーベンチャーズ株式会社(本社:東京都港区)は、新ファンドとして「STRIVE III有限責任事業組合」(本社:東京都港区)を無限責任組合員とする「STRIVE III投資事業有限責任組合」(以下「STRIVE III」)の一次募集を完了し、運用を開始したことを報告します。STRIVE IIIの主な出資者は、独立行政法人中小企業基盤整備機構(本社:東京都港区、理事長:豊永厚志)、グリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:田中良和)、株式会社みずほ銀行(本社:東京都千代田区、頭取:藤原弘治)、及びみずほキャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大町祐輔)等、になります。STRIVE IIIは本年末までを目処として引き続き出資者の募集を行い、ファンド規模を150億円まで拡充していく予定です。

また、新ファンドの組成に合わせ新たにファンド名及び俗称を「STRIVE」(読み「ストライブ」)とすることを発表します。STRIVEは、「努力する、励む、闘う」等を意味する英単語ですが、起業家の野心やそれを実現するための努力や汗、積極的なハンズオン等、弊社のスローガンや投資スタイルに近いニュアンスを持ちます。

STRIVE IIIは、これまでのファンドと同様に日本、東南アジア及びインドにおける主にアーリーステージのスタートアップ企業へのハンズオン投資を実施します。特に、STRIVE IIIからは新たにハンズオン専門のチームを設立し、採用やコミュニティ運営等の投資後のバリューアップ支援を更に強化する方針です。既に日本で唯一のe-KYC・本人確認APIサービス「TRUSTDOCK」を提供する株式会社TRUSTDOCK(本社:東京都千代田区、CEO:千葉 孝浩)、及びインドで塾向け管理ツール「Classplus」を提供するBunch Microtechnologies Private Limited(本社:デリー(インド)、CEO:Mukul Rustagi)への投資を実行しています。

【スローガン】

「その野心を、スケールさせる。」
起業家と同じ舟に乗り、共に立ち向かい、共に汗をかく。
既存の投資家の枠からはみ出し、あらゆる面から事業成長を支える。
時代を拓く、その野心のために、私たちはどこよりも命を注ぎ、成功へと導いていく。

【STRIVEの概要】

STRIVEは、共同代表パートナーの天野雄介及び堤達生の投資家2名とグリーベンチャーズ株式会社との共同事業として、これまでに総額200億円超の資産(※注1)を運用するベンチャーキャピタル事業です。2011年の事業開始以降約8年に渡り、ジーニー社、FIVE社、Retty社、ウェルスナビ社、及びKaizen Platform社等を含む、日本、東南アジア及びインドのスタートアップ企業約60社に投資を実行しています。主にアーリーステージにおけるリード投資家として、STRIVEの経験豊かなチームが持つ知見とネットワークを活かして積極的なハンズオン支援によって、投資先の価値向上を通じて収益を上げることを目指しています。

【ファンドの概要】

名称:STRIVE III投資事業有限責任組合
ファンド総額:150億円(予定)
投資対象:日本及び東南アジア、インドにおける主にアーリーステージのインターネット企業全般
無限責任組合員:STRIVE III有限責任事業組合
所在地:東京都港区赤坂1丁目12番32号アーク森ビル3階
URL:https://strive.vc/

【STRIVEに関する問合せ先】

STRIVE広報担当 大塚
E-mail:info@strive.vc
以上

注1)運用資産額は、今回新たに組成中のSTRIVE III投資事業有限責任組合のコミットメント額に、これまで運用してきたAT-I投資事業有限責任組合、及びAT-II投資事業有限責任組合を合わせた総額を示す